2012年02月01日

tomcatのインストール

今まではコンソール画面での表示でしたが、今度はブラウザにてhelloWorldを表示したいと思います。
その為にはwebサーバのインストールが必要で、Tomcatのインストールをします。
http://tomcat.apache.org/

1.Tomcatインストーラのダウンロード
2.ダウンロードしたインストーラを起動
3.Enterを連打

注意しなくてはいけないのは、JREが予めインストールされていないといけないことです。
Enter連打で最後にJREのインストールされているフォルダを指定しなくてはいけません。
1-1jre.PNG

さてTomcatをインストールしたものの、そのままではeclipseからの使用はできません。
なので、eclipseからTomcatを使用できるようプラグインをインストールする必要があります。
http://www.eclipsetotale.com/tomcatPlugin.html

1.プラグインのダウンロード
2.ダウンロードしたファイルを解凍
3.解凍したフォルダを"・・・\eclipse\plugins"フォルダに保存

上記の1~3を実行し、eclipseを起動するとツールバーにニャン子マークが表示されます。
1-2cat.PNG
ただ、その状態では表示されただけに過ぎず、設定をしなくては使えません。
(要するにeclipseに対して、どのTomcatを使うかを教えてやら無くてはいけない)

【Tomcatホームディレクトリの設定】
メニューバーより、ウィンドウ>設定を選択すると設定ウィンドウが表示される。
表示されたウィンドウよりTomcatを選択し、以下のように設定する。
・Tomcatバージョン→インストールしたTomcatのバージョン
・Tomcatホーム→インストールしたTomcatのディレクトリ
これにより、eclipseに対して、使用するTomcatを教えることとなります。
1-3set.PNG

※コンテキスト宣言モードとは、コンフィグレーションファイルの設定方法となります。
"server.xml"を選択すると、複数のアプリケーションを1つのファイル(server.xml)で管理するのに対し、"コンテキストファイル"を選択すると、アプリケーション毎のファイルでの管理となります。
なので、コンテキスト宣言モードに関しては、用途によって設定してください。


【JVMの設定】
メニューバーより、ウィンドウ>設定を選択すると設定ウィンドウが表示されます。
表示されたウィンドウよりTomcat>JVM設定を選択し、JREを指定します。
1-4jvm.PNG
(JDKまたはJREのバージョンが一つしかインストールされてなければ、イジる必要は無いと思う。)

【Tomcatのパースペクティブのカスタマイズ設定】
メニューバーより、ウィンドウ>パースペクティブのカスタマイズを選択するとパースペクティブのカスタマイズウィンドウが表示されます。
表示されたウィンドウのショートカットタブを選択し、ショートカット・カテゴリーのJavaを選択し、Tomcatプロジェクトにチェックします。
1-5sh.PNG
これにより、メニューバーの、ファイル>新規を選択した際にTomcatプロジェクトが選択できるようになります。

(この設定をしなくてもメニューバーの、ファイル>新規>プロジェクトからTomcatプロジェクトを選択できるので、必須の設定では無い)


<設定前><設定後>
1-6before.PNG
1-6after.PNG
posted by mamanigo at 00:00| Comment(0) | tomcat | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。