2012年05月04日

MySQLの起動と停止

インストールしたMySQLの起動を行います。
MySQLの設定時に自動起動の設定をしていなかったので、手動で起動する必要があります。

【サービスの起動】
windowsメニューよりスタート>コントロールパネルを選択し、管理ツールをダブルクリックします。
3-1start.PNG

サービスをダブルクリックします。
3-2start.PNG

MySQLを選択し、「サービスの開始」をクリックします。
3-3start.PNG

MySQLの状態が「開始」になりました。
3-4start.PNG

【データベースへの接続】
windowsメニューよりスタート>アクセサリ>コマンドプロンプトを選択し、コマンドプロンプトを起動します。
3-5start.PNG

コマンドプロンプトにて「mysql -u root -p」と入力し、Enterキーを押下します。
3-6start.PNG

パスワードの入力を求められるので、MySQLの設定時に設定したパスワードを入力し、Enterキーを押下します。
3-7start.PNG
データベースへの接続が行われ、mysqlの入力待ちになりました。

【データベースの切断】
コマンドプロンプトにて「exit」あるいは「quit」を入力し、Enterキーを押下します。
3-8start.PNG
データベースより切断され、コマンドプロンプトの入力待ちになりました。

【サービスの停止】
サービスウィンドウにてMySQLを選択し、「サービスの停止」をクリックします。
3-9start.PNG

MySQLの状態が「開始」からブランクになりました。
3-10start.PNG

【サービスの起動(コマンドプロンプト)】
管理ツールのサービスウィンドウより起動するのが面倒な場合は、コマンドプロンプトから起動する事ができます。
コマンドプロンプトを起動し、「net start mysql」と入力し、Enterキーを押下します。
3-11start.PNG

管理ツールのサービスウィンドウにて起動している事が確認できます。
3-12start.PNG
※MySQLの状態に「開始」が表示されてない場合はF5キーを押下する事により、サービスウィンドウが最新の状態に更新され「開始」が表示される(はずです)。

【サービスの停止(コマンドプロンプト)】
コマンドプロンプトから起動できたように、コマンドプロンプトから停止する事もできます。
コマンドプロンプトより、「net stop mysql」と入力し、Enterキーを押下します。
3-13start.PNG

同じく、管理ツールのサービスウィンドウにて停止している事が確認できます。
3-14start.PNG

【サービスの自動起動】
MySQLを毎回起動するのが面倒な場合は、自動起動にすることができます。
管理ツールのサービスウィンドウより、MySQLを選択し、操作>プロパティを選択します。
3-15start.PNG
スタートアップの種類が「手動」になっているので「自動」を選択し、「OK」ボタンを押下する事により、次回よりWindows起動時にMySQLのサービスも起動する事になります。

参考URL
MySQL初心者入門講座:http://mysqlweb.net/category/3974306-1.html
MySQL初心者入門講座:http://mysqlweb.net/category/3974552-1.html
posted by mamanigo at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。