2012年05月14日

SQL開発環境ソフトウェア(CSE)によるデータベース接続

データベースとテーブルの作成を行いましたが、毎回コマンドプロンプト経由でアクセスするのは効率がよくありません。
そこでSQL開発環境ソフトウェアのCSE(Common SQL Environment)を使用したいと思います。

【CSEのインストール】
まずはダウンロードサイトよりダウンロードを行います。
5-1create.PNG

ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解凍します。
5-2create.PNG
CSEはインストールの必要は無く、解凍したフォルダのcse.exeを開くすることによって起動されます。

【ODBCのインストール】
CSEを起動しただけでは、データベースへの接続はできません。
ダウンロードサイトよりODBCコネクタをダウンロードします。
5-3create.PNG

ダウンロードしたファイルを起動する事により、インストーラーが表示されます。
特に気にすることも無く、デフォルトボタン押下でインストールが開始されます。
5-4create.PNG
5-5create.PNG
5-6create.PNG
5-7create.PNG
5-8create.PNG
5-9create.PNG
5-10create.PNG

【ODBCの設定】
続いて、ODBCの設定を行います。
コントロールパネル>管理ツール>データソース(ODBC) を選択します。
5-11create.PNG

「ODBCデータソースアドミニストレータ」ダイアログが表示されるので、「ユーザーDSN」タブの「追加」ボタンを押下します。
5-12create.PNG

「データソースの新規作成」ダイアログが表示されるので、表示された一覧から「MySQL ODBC 5.1 Driver」を選択し、「完了」ボタンを押下します。
5-13create.PNG

「MySQL Connector/ODBC Data Source Configuration」ダイアログが表示されるので、以下の通り入力します。
Data Source Name=接続名
Description=データベースへのコメント
Server=サーバー
User=接続ユーザー名
Password=接続ユーザーのパスワード
Database=データベース名
5-14create.PNG

入力後「Test」ボタンを押下し、接続が可能かどうか確認します。
5-15create.PNG
上記のダイアログが表示されれば、接続OKです。
「OK」ボタンを押下し、ダイアログを終了します。

「ODBCデータソースアドミニストレータ」ダイアログに入力設定したデータソースが追加されます。
5-16create.PNG

【ODBCの設定確認】
cse側で接続確認をします。
cseを起動し、メニューバーより「データベース>接続」を選択します。
DBMSに「ODBC汎用」を選択し、ODBC設定にて指定した通りに入力し、「OK」ボタンを押下します。
5-17create.PNG
(DBMSの一覧に「MySQL」がありますが、ODBC接続の場合は「ODBC汎用」を選択する必要があります。)

無事に接続できました。
5-18create.PNG

参考URL
CSEによるMySQL5.1への接続(ODBC):http://shrine-bell.seesaa.net/article/198293080.html
CSEでMySQL5に接続する方法:http://muccie.seesaa.net/article/66961034.html
posted by mamanigo at 06:02| Comment(0) | データベース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。